デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

絵ごころ、、  

カワチなどの画材店に行くと決して絵など描かない/描けないのにずっとそこに居たい気持ちになるのは何故だろうか?
特に、絵の具や色えんぴつのコーナーではまるでお花畑にいるようなふんわりした空気に包まれるのだ。これはきっと前世が「清貧で絵の具すらも買えなかった天才画家」だったのか、それとも「自分で絵を描きたかったのに、それを売って生計を立てていた絵の具売りの少女」だったかのどちらかに違いないと睨んでいる。

まぁそんな妄想は置いといて、、、

ほんとに絵心というモノはないのだが、絵を描いている人を見ると「描いてみたいなぁ、、」と思う意識が最近強くなっている。大阪市内の古い建物の近くで、椅子を立ててスケッチしているおじさん、おばさんを見ると「いつかああいう風に・・・」と密かに誓っているのだが、仕事で説明する時に簡単なイラストを描くんだけど、そのミミズの這った跡のようなイラストを見て「余計分からんくなるわなぁ、、」と自分でもつくづく情けなく思う今日この頃であった。


category: 雑文

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。