デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2011年富士登山  

20111016_DSC_0030.jpg

今年の富士登山は大河君と二人きりで登ることにした。

5年生の時、2度目の富士登山失敗。

最初は良い調子で登っていたのだが、7合目あたりで頭が痛くなり
あえなくリタイア。

その借りを返すためにも、または「富士山に登ったけど結局失敗だ
った」で終わらせたくなかったので、今回はどうしても登頂させる、
と僕は意気込んでいたのでした。

午前3時過ぎに富士宮口の駐車場について車で就寝。
朝の7時ぐらいには日は昇り車内で寝ているとムワッとした暑さに
寝ていられなくなり(男二人が寝ているもんね、、)思わず起床。

朝ご飯を食べてトイレを済ませて8時に出発することにした。

富士宮口ルートは須走口ルートに比べると4キロほど短いらしい。
すると去年は須走口ルートから4時間で登ったので3時間か??
と思っていたのだが、大河君の様子を見ながらなので目標を4時間
とした。

今回で5回目の富士登山なのだが年々高山病とは無縁になっていく
気がする。もうすっかり身体が高山に慣れてしまったのか、それとも
高山病にならないコツを掴んだのか、、、

これは僕自身体験してきたことで調べたわけではないのだが、高山
病にならない唯一の手段は空気を沢山吸うことだと思う。
鼻で呼吸するのではなく、マラソンの時のように口から2度吸って、
1回はくという風にする。そうすれば1回目の富士登山で味わった
8合目を過ぎるとフラフラして倒れそうになる、と言うこともなく
なった。

その呼吸法を大河君にも徹底させてほとんど休むことなく(休憩も
5分以内にね)登り続けた。
途中アスリート達が半ズボンで駆け上がっていくのを除けば、他の
登山者達をぐいぐい追い抜きながら登っていくことが出来た。

そして白い鳥居が見えて来て、「あぁ今年も登頂できた」という感慨
に浸る。

時計を見ると11時。

結局3時間で登頂することが出来た。
もう一つ嬉しかったのが、大河君が高山病になることなく、しかも
僕よりも早く頂上にたどり着くことが出来たことである。

来年も頑張らないとな、、、


category: 行事

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。