デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニュージーランド紀行「マウントマンガヌイ」  

20111001_DSC_7205_593.jpg

オークランドに帰る日、朝からマウントマンガヌイに登ること
にした。
海岸べりから見えるマンガヌイはハワイのオアフ島にあるダイ
ヤモンドヘッドのように、ここらあたりに住んでいる人にとっ
ては「象徴」とも言えるところである。

標高はどれぐらいだろうか、、300mぐらいじゃないかな??

ゆっくり歩いて登っても4、50分ぐらいで登れるその山は
登山と言うよりもハイキング、もしくはジョギングコースといっ
ても良いぐらい軽く登れてしまう。

登りはじめた頃には羊たちが草をムシャムシャしている光景が
見られ、登っていくとそこにはタウランガの美しい風景と町並み
が眺望できるのであった。

「あぁ、こうなってたのか・・・」

街の中を車で走っていたのでは決して想像する事が出来ないその
見事な地形は以前に見ていた地図とオーバーラップする。しかし
地図もまた地形を縁取っただけの単なる模倣に過ぎない事は実物
を見た「感動」がそれを証明してくれるのであった。


登山の間はとっても楽しかった。
すれ違う人たちと挨拶をしたり、野ウサギを発見したり、美しい
景色に魅入ったりと、、、しかも空は晴れていて冬なのにポカポカ
陽気でみんな半袖・・・
そんな絶好のタイミングで通称「マウント」に登れるとはラッキー
以外何物でもないですよね。

約40分ぐらいで山頂まで登り、30分ほどぶらぶらと休憩。そし
て別の道から下山と全体で2時間もあれば十分にその行程を終える
事が出来る。
降りた後は

「美味しいアイスクリーム屋が有るねん♪」

と嫁さんのリサーチ済みの情報。
少し探しただけでその「らしき」店はあった。中に入ってキティの
入れ墨をしたおねぇちゃんからアイスクリームをすくい取ってもら
ってムシャムシャ食べながら海の方へと向かった。

そう言えば鎌倉に行ったときにもこんな「海が輝いていた」光景が
広がっていたなぁ、、と一人しみじみと思った。

夏だったら良かったのになぁ、、、とも。


20111001_DSC_7251_607.jpg

category: 旅行

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。