デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニュージーランド紀行「ホストファミリー(後編)」  

20110929_DSC_7109_644.jpg


Shannonはエネルギッシュな男である。

それは前回にも触れたが、今回もそれから始めずにはおられない。

彼は「これを見てくれよ」といって彼のコレクションを自慢げに
見せてくれた。

それは「テレビゲーム」である。

彼が握っていたのはXBOXを操作するリモコンで、いくつもあ
るゲームの表紙を次々とめくって見せてくれた。
しかし、、残念ながら僕はゲームにまるで興味がない。。。

でもゲーム好きの人は「誰もがゲーム好き」だと思っている節がある。
彼も僕の興味なさげな顔を気づきもせずに「目的の」ゲームがくる
までクルクルとめくっていく。

そしてあるゲームが出てきたときに目を輝かして大河に向かって

「やるか?」

と声をかけてきた。良くあるレーシングゲーム、、である。
実は大河君も家ではテレビゲームはやらしてないので(友達の家では
やってるかも知れないけど)、あまり要領がつかめてない上に初めて
来た外人の家で、外人に「やるか?」と言われてテレビゲームをする
とは思っていなかったであろう、、

この写真はその時の顔である。

「とまどい」という言葉がピッタリではないか。。。

そんなShannonに

「どれぐらいゲームをもっているの?」

と僕は聞いてみた。
先ほどのゲームめくりがいつまで続くか興味があったからである。

「100種類ぐらいかな、、ぜんぶ不正コピーだけどね」

はははは、、少し引きつった笑いが出た僕であったが、かたい事は
言わないようにした。

その後、Shannonと僕はWEBデザイナーをしている彼の仕事と僕の仕事
のことでいろいろ話をした。彼の作ったウェブサイトやその仕組みと
かを僕が使える限りのボキャブラリーを使って質問したり答えたりした。

そして結局1時間ぐらいいたであろうか、僕たちはそろそろ夕食の時間
近いだろうからおいとまする事にするか、、ということで

「そろそろ帰りますわ!」

と言って彼らの家を出発する事にした。


そして次の日、、、Harleyが入院し無事新しい子が生まれた、と言う
メールが届いた。

バンザイ!!
なんだか俺たちがコウノトリみたいやなぁ、、、なんて話ながら新しい
子供の誕生を喜んだのであった。

それからその翌日、美月さんの荷物を取りにと、最後の挨拶をするため
にホストの家へと再度向かった。
家にはShannonと下の子Summerがいた。おねえちゃのAvaは調子が悪く
寝ていたようだ。

僕たちはShannonに顔を見るやいなや「おめでとう」とお祝いの言葉を
贈った。Shannonは少し疲れた顔をしていたが、あいかわらずの機敏な
動きである。

「ありがとう!!僕もとっても嬉しいよ」

「ところで名前はなんて言うの?」

僕は男の子が生まれたのは知っていたけど、名前までは知らなかった。

「ジャクソンだよ、 J A X S O N」

マイケルジャクソンなどのジャクソンのスペルは「JACKSON」である。
興味があったので、ちょっと聞いてみた。

「なんでJAXONなの?」

すると彼はこう言った。

「強そうだろう?」

なるほど、、そして確認のために「X is important, right?(Xが重要なんだね)」
と聞くと

「もちろんさ!」


そしてShannonは少し伸びかけた無精ひげを気にしながら聞いた


「コーヒーにする?ジュースにする?」


キーウイハズバンドの鏡だと、僕は思った。

category: 旅行

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。