デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニュージーランド紀行「土ボタル」  

20110912_DSC_6419_592.jpg

オークランドでレンタカーを借り、その足でワイトモにある洞窟
で見ることができる「土ボタル」を見に行った。

土ボタル、、はて何?と思われる方は多いかも知れない。
この土ボタルとはヒカリキノコバエ(光茸蝿)というハエの幼虫が
暗い洞窟の中で青い光を出すんですね。

英語ではGLOW WORMといいます。

この土ボタル見学は特に嫁さんのイチオシで、ニュージーランド夢想
旅行では既に4回ぐらい訪れているところであった(あくまで夢想ね)。

このワイトモまでは車で180kmぐらい南に下ったところにある。

途中ハミルトンを通っていくのだが、このハミルトン、素通りするだけ
では実にもったいないぐらい風情のある町であった。



さて土ボタルの目的地「WAITO CAVES」に着いたのは3時半ぐらいでした。


「WAITOMO CAVES」
http://www.waitomo.com/waitomo-glowworm-caves.aspx

受付でチケットを買い、「次は4時から始まりますので!」という
アナウンスを受け4時まで土産物などを見学しながら待つことにした。

4時近くになり、説明担当のおじさんらしき人がやってきて、10人
ぐらいいただろうか見学者達をその洞窟の入口に導いていってくれて
説明を始めた。

ちなみにこのおじさんマオリ族の方らしく、英語を話しているのは分
かるのだが、ほとんどの言葉を聞き取れなかった(苦笑)
また、その前に「Glow Wormの写真って撮っていいの?」と僕が聞いた
時も実はまったく答えが聞き取れなかったのであった。

唯一分かったのは、「洞窟を出てから撮ると良いよ」っていうことだけ。
まぁこれだけでも「洞窟の中では撮れないよ」っていうことだと分か
るしね。。

それから皆で洞窟の中に入り、いろいろな形をした鍾乳石の説明を
一通りしてくれた後、鍾乳石にへばりついた土ボタルを教えてくれた。
しかし、「メイン土ボタル」はそれではなかった。

皆で船に乗り洞窟にたまった地下水の川を少し行く。明かりが消されて、
頭の上を見上げるとそこに広がる天の川(ミルキーウェイと表現していた)
がすっぽりと僕らが乗っている船を包んでくれるようであった。

なるほど、これが土ボタルか、、、

しばらく全員が声を失っていた。おじさんがロープを引っ張る音だけが
暗闇に響いていた。

このままずっと眺めていたいなぁ、、

誰もがそんな気持ちだったと思う。
たぶんこの洞窟で一晩明かしても見飽きないものでしょうね。

自然の不思議さ、そしてこれを発見した人の驚きと感動を思わずにいら
れない土ボタル見学でした。

category: 旅行

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。