デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニュージーランド紀行「レンタカー」  

20110907_DSC_6268_590.jpg

「レンタカーはね、向こう(ニュージーランド)の日本人がやってるとこに
 するわ!」

嫁さんがレンタカーを予約するときにそんなことを言った。

うん、確かに。
英語を勉強しているからと言って、いきなり外国に行ってしきたりの分から
ないレンタカーショップで英語を使って車を借りる、なんて事を想像すると
ちょっとゾッとするではないか。。。

しかも事故や損傷などなんらかのハプニングが無きにしもあらず、、、

そんなハプニングが起きたときに英語でスタッフと話をするなんて事は正直
無理だと思う。だって日本でそう言うことがあっても事故証明とかなんとか
ややこしいもんね、、

そこで嫁さんが得意の検索で探し出してきたところがここ

TAKE1 http://www.take1nz.jp/

「日本人スタッフが日本語で対応いたします」ということで他社に比べて
小回りがきいてくれそうな感じがしますよね(少しサイトが素人っぽいですが・・・)。

ということで、オークランドに着いた翌日10時にホテルまでレンタカーを
持ってきてくれるというので、9時55分にチェックインを済ませて、ホテル
から一歩外へ出ると、緑色のイプサムと人の良さそうなおじさんがニコニコし
ながら待っていた。

「初めまして、TAKE1(テイクワン)の武田です」

やはり日本語で話してもらうだけでホッとします。

ホテルのチェックイン・アウトはもちろん英語ですが、何か向こうが話しかけ
てくるんだけどなんのことか分からないことが多々ある。
その日もチェックアウトの最中に「How was night?」と聞かれ最初は何のこと
か分からなかったのですが、よく考えると単純なことなんですね。
日本語的に言うと

「よく眠れましたか?」

みたいな事なんですけど、予期していなければ「夜はどうでした?」となり
ちょっと戸惑ってしまいました。。


さて話は戻りますが、我々はその車、イプサムに荷物を積み込んで、武田さん
の運転でTAKE1の事務所まで連れて行ってもらいました。道々武田さんの
やっている日本車の輸入の話やオークランド市の事情や最期オークランド空港
へ車で行くときの注意点などを教えてもらい事務所へと到着しました。

その後レンタル手続きを済ませたあと武田さんが

「ニュージーランドでの運転はあまり日本と変わりませんが、2点だけ・・・」

と言って運転のポイントを教えてくれた。

「こちらの交差点の多くがラウンドアバウト方式なんです。だから右折し
 たいときもくるっとその中心を回らないといけないのですよ。」

これはTAKE1の事務所に着くまでのいくつかの例で運転しつつ教えてもら
いました。

「それとね、これが最も日本人が間違えるところなのですが、右折優先なんです」

例えば信号のある交差点で自分は左折をしたい、としよう。しかし前方には
右折をしようとしている車が有ればその右折をしようとしている車を先に
行かせてあげなければならないと言うことなのだ。

ニュージーランドに関してほとんど知識を入れてこなかった僕としては、この
2点に於いて初めてのニュージーランドでの運転とその違いへの対応、について
一気に緊張が高まったのであった。

その他、注意事項はTAKE1さんのページを見てね

http://www.take1nz.jp/Japanese/Driving%20Rule.html

TAKE1さんからワイオタプに行くための簡単な説明を受けて、貸してもらった
2冊の地図を元にして、我々はいよいよニュージーランドの車での旅へとあいなる
のであった。


category: 旅行

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。