デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

さよなら RK6000  

20110218_DSC_0733.jpg

長年乗っていた自転車が壊れた。
ペダルを留めていた金具が外れ、その反動で車体が曲がり
サスペンションと車体を繋いでいた部分が折れてしまった
のであった。

「思えばこの自転車もう8年近く乗っていたのだなぁ、、」
と感慨深く、壊れた自転車を引きずりながら家に帰る道々
こんなことを考えた。

この自転車は
「僕が乗っている間に壊れたかった」
のではないかと。。

実は一度、天王寺駅に置いていたときに盗まれた事があった。
盗まれた後、僕は折りたたみの新しい自転車を買ったのであ
るが、この青い自転車の思いが断ちがたく、それ以来ずっと
駅の周辺で「青色」を探すのが通勤の慣わしとなっていた。

そして2ヶ月経ったある日、えべっさんに行くために動物園
前を通りがかったときであった。
駅近くの駐輪場をなにげに見ていた僕はぽつんと放置されて
いる、青い車体、青いタイヤの自転車を見つけたのであった。

もちろんそこまで青で統一している自転車など他に有るはず
がない。そのまま警察に行き、自分の自転車であることを述
べて手続きをしてもらって帰ったものであった。
その帰り道、久し振りにこの自転車に乗ったときの高揚感は
いまも忘れることなど有るはずもない。

そんな自転車なのだが実は大河君に譲ろうと思っていた。

こやつはいわゆるマウンテンバイクという自転車で、色もか
なり派手でしかも、サスペンションが付いていたりして若者
向きなんじゃないかと、、
大河君も中学生になるので小学3年の時に買った今の自転車
じゃあまりにも可愛そうなので、ちょうど良いかと思ってい
たわけです。

そう、つまり僕はこの自転車からもう少し街乗り用のクロス
バイクを買おうと思っていて、実際自転車専門店などに様子を
見に行ったりもしていたのでした。

そんな僕の様子を案外この自転車は知っていたのかもしれない。
もちろん自転車屋に一緒に行っていたので「知っていた」のは
間違いないんですけどね、、でもそう言う僕を、そして自分の
運命を嫌がっていたのかもしれない、、と実はこれを書きなが
らそんなことを思っているのです。

「最後まで一緒に居たかったのではないか」

もちろんそれは勝手な幻想ではありますし、自転車に意志など
有るはずもない。でも僕は“そこ”に何かを感じずにはいられ
ないのです。この自転車が僕の元に返ってきたこと自体、奇跡
に近いものだったはず。

回りの者からはマウンテンバイクが無くなるって言うのは、
いわゆる「乗り捨て」なワケが無く、「転売目的」で盗まれた
ものに違いなく、「そんなの出てくるはずがない」と言われて
いましたし、僕自身もどう考えても同じ意見でした。

しかし確かにコヤツは返ってきたのです。そして僕が他の人間
に譲ろうとして時に、そして別の自転車を物色しに行った矢先
に自ら壊れてしまったのです。僕の想像に辻褄を持たせるよう
な、そんな出来事だったと思いませんか・・・???

そんな愛車を愛しみながら分解してみました。

自転車ってすごい!ってつくづく思いましたよ、、まじで。
こんな部品一つ一つが集まって、一体の自転車が組上がってい
るのだと思うと溜飲が下がるだけです。。


20110218_DSC_0735.jpg

カッコいい部品達でしょ?
これはママチャリなんかじゃ味わえない感覚です。。

category: モノ

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

コメント

きっとそうですね、
愛され、きれいにしてもらって、
部品の一つ一つがよろこんでいるようです。

URL | 消える小人 #-
2011/02/19 06:46 | edit

消える小人さん

Facebookの友人からは「九十九神になったんですね」と
言われましたが、ホントそうなんです。。
物に神様が宿るというのは信じにくいことではありますが、
なんだか今回はしみじみそう思いましたよ。。

物は大切にせねばいけませんね。

URL | いりさ #-
2011/02/19 09:25 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。