デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

富士登山2009 その2  

20090908_DSC_0094.jpg
ご来光を見たあたりで撮った朝日を浴びた白樺の木。
木肌がめくれあがっているのは富士山の気候の荒々
しさを象徴していますね。

富士山をなめたらいけません!!
を見事にこの木は語ってくれております。。


20090908_DSC_0100.jpg
この白樺達はカメラを傾けた撮ったのではありません。
木自体がこの様に傾いて育っているのですね。

これは「富士おろし」とでも言うのでしょうか、山の背を
伝って吹き下ろされる強い風によって、斜めにしか成長
せざるを得なかった白樺の逞しさを感じてしまいます。。

そう言えば蓬莱山でもこういう風に木が育っていました。
「比叡おろし」と言ったかな、、、風の強さにめげずに育っ
ている木の根性がなんとも素晴らしい!!


category: 富士山

thread: 富士山 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

コメント

ううむ~。

白樺といえば、すらりと細長く立った白い木が美しい、というイメージですが・・・。
富士山の白樺はこうですか!@@
過酷な条件で生きてるんですね。
植物って本当にたくましいですね~。

URL | ゆみすけ #uuOpwH8k
2009/09/08 20:21 | edit

ゆみすけさん

白樺は関西では殆ど見かけませんな、、僕が初めて見たのは
中学の修学旅行で行った長野県だったかな・・・。

たぶん白樺は寒く、過酷な環境でも十分育っていける植物なの
でしょうね、、しかし斜めに成長しているのは見ていて感動しますね。

URL | Irisa #-
2009/09/09 00:09 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。