デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

阿弥陀堂だよりを見て その2  

最近のDVDは日本の映画であっても英語の字幕を出せるよう
になっているのですね、、、知りませんでした。

それで今回、「日本語を英語で訳すとどうなっているのか?」
という勉強も含めてDVDを見ることにしました。

この映画は東京で暮らしていた主人公夫婦が信州に戻ってく
るところから始まります。
つまり、彼らは標準語を話しているのですが、その他の人たち
(特に老人たち)は信州なまり(方言)で会話を交わされます。

特におうめ婆さん(北林谷栄)の「なまり」はこの映画の中で
欠かすことの出来ない「味」を醸し出すとても魅力的な響きを
持っているのが分かります。

また、それ以外の登場人物の話す言葉一つ一つが、洗練され
ており、言葉少なではあるが情感のこもった美しい言葉で描か
れているのである。

さて、先ほど「英語の字幕」も見ながらと書いたが、英語の勉
強も兼ねてはいるのだが、もう一つの課題としては僕の英語
の師匠であるJEFFにこの映画を見せて

「果たしてアメリカ人がこの映画を見て感動するのか?」

または

「果たしてアメリカ人がこの映画の情感を理解できるのか?」

である。

それには最も正しく、正確に英語に翻訳される必要があるのだ
が、僕の経験しているレベル(初級ですよ、、、まじで)でも日本
語から英語に翻訳するに当たって、英単語のボキャブラリーの
少なさに気がつく。

「えっ、こんなんでええんかいな・・・・」

という感じで、逆に言わせてもらうと、これは誰もが言うように
「英語は日本語よりも簡単」と言うことになるのだが、習うなら
ばそれに越したことはないのだが、その語感の単純さにあきれ
てしまうこともあるのです。

この映画の中でもそれは例外ではなく、初心者の僕でさえ
「それは無いやろぉ。。。」という訳はいっぱい出てきた。

それは訳者がIan MacDougall という外国人だと言うこと、それ
とこの人がどれぐらい日本語の情感を意識または理解してい
たのかにもよると思いますが、案外「英語で表現出来ない」と
言うことも有るのではないかと思われます。

もちろんこの英訳も日本人のチェックは入っているはずなので、
この訳者だけの独断と偏見では無いと思われる。
要するにこのDVDを作った人たちが、「この言葉が適当だろう」
というコンセンサスのもとこの英訳が作られたのでしょうね。。

とすれば例えば以下のような単純な言葉をどう訳すのか??

言葉を話すことが出来ない小百合が病気で入院しているとき
に、主人公の孝夫がおうめ婆さんからの励ましの言葉を録音
して持ってきてくれた。
その時に小百合はこんな一言で感謝の言葉を画用紙に書いた。

「ありがたいことです」

さて、この言葉に対する英訳は、、、

「Thank you!!」

でした。。良いのかこれで、、、
あまりにも単純で、安易で、味気なく、明るい言葉である。
感謝の言葉を表現する英語はこれ以外にも沢山ある(と思う)。

例えば今僕が勉強している本には

「There are no words to express my gratitude」
(お礼する言葉も見つからないほど感謝している)

などが有りますが、確かに感謝に満ちあふれてはいますが
こんな無意味な明るさではないんですよね、、、しかも長い。。

この「ありがたいことです」的な言葉、つまり控えめではある
が、とても強い意志と感情がこもった言葉というのは日本語も
もつ美しさではないかと思うのです。

こんな美しい言葉を話す日本人というのは、案外日本人自
体の性格をも形成しているのかも知れません。
JEFFと話していると日本人の特徴としては「polite」である
と言ってました。

※ polite :礼儀正しい(相手の気持ちを思いやり,礼儀をわきまえている)

そうかなぁ、、、とも思いますが、少なくともアメリカンな人たち
から見るとそうなのでしょうね。

もっとも日本語も変化してきて、話す言葉も昔と比べては情感の
ない言葉が使われ、日本人自身もpoliteでなくなる日もいつか
来るかも知れませんが、やはり大切にしなければならない言葉
は守り続ける必要があると思います。

そう言う意味ではこの「阿弥陀堂だより」には本当にしみじみ来る
言葉や、言葉遣い、そしてそれを表現する演技力、などが溢れた
映画だと思います。

この映画、、分かるかなぁ、、JEFFに、、、
DVD貸して、感想を聞いてみよう、、、

category: 映画

thread: 映画感想 - janre: 映画

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。