デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

阿弥陀堂だよりを見て その1  

久し振りに「阿弥陀堂だより」を見た。
なぜ見たのかというと、この映画の中に出てきた、ある言葉を
思い出すため、であった。

その言葉は・・・「花見百姓」。

この映画の主人公(作家であるがある賞の新人賞を取って以
来鳴かず飛ばずで、ほとんど妻の美智子がその生計を支えて
いる)孝夫が村の知り合いたちから、この言葉を使ってからか
われるのである。

つまり、「花に見とれていて、田んぼや、畑のことをついつい忘
れてしまう百姓」のことだそうです。

なぜこんな言葉を探していたのか、、、それはまさに僕が「花見
百姓」にふさわしい人間じゃないか、と考えているからです。

去年から桜井のYさんの田んぼに通い、お米の作り方や、農業
の事、そして農政にかかわることまで、色んな話を聞かせてもら
いました。

また、自然農という農法に興味を持ち、その可能性・未来性につ
いても学んできました。

もちろんその「学び」だけで農業自体を俯瞰できたわけではない
のですし、未だ農業に対して「明るい未来」が見えたわけではあ
りません(むしろ暗い未来は嫌というほどよく見えますが・・・)。

ただ少なくともこれからは農業回帰というムーブメントが起こって
くるだろう、、または起こさなければならない、と考えています。

中国野菜の問題や石油高騰の問題(今はかなり下がっていま
すが、またジワジワと上がることでしょう)、はたまた食糧自給率
(小麦の値段高騰などの問題含む)の事などをきっかけとして、
農業に目を向けても言いと思うのですが、僕は別の視点で農業
を考えたいと思うのです。

つまり「地域コミュニティ」としての基本、または地域の精神の拠
り所を担うための農業。。。。
たとえば「祭り」などは地域を活性化、または人と人とを結びつけ
るための潤滑油として機能していました。
その中心にあったのは、なにをかいわん「農業」だったのです。

しかし、、、

大阪やその近辺に地域でも耕作放棄地が次から次へと作り出
されており、跡継ぎもなく、または跡継ぎがあっても農業をする
人が無く、または農業をしたくても農業では食べていけるだけの
収入が得られない、、という無い無いづくしの農業の未来におい
て明るい材料は果たしてあるのだろうか・・・・・

「花見百姓」に話を戻します。

去年、農業や自然農についていろいろ勉強をしている僕にS君が
こんなことを言ったのです。

「いりささんは、たぶん農業をするのには向いてないんじゃない?」

ずばりその通りなのです。。
僕自身もそれは感じていて、農業(の実務)をするより、農業の成
り立ちや、それを取り巻く自然環境、そこにいる虫や花たちを見た
り写真を撮ったりすることの方にこそ充足感を感じるのですね。。。

まさに「花見百姓」という言葉に引っかかるものがあったのは、た
ぶんその感情が有ったからだと思います。

去年、うちの嫁さんにこんなことを言われました。。

「あなたは私の畑は一つも手伝ってくれないのね・・・」

市民農園をしている嫁は他の人の田んぼや畑の見学に余念がな
い僕に対して、こんなことを言ったのですね、、。
つまり

「他人の畑ばっかり見ないで、うちで借りてるヤツ手伝った方が
よほど役に立つんじゃないのかね???」

と、そんな感じでしょうか。。
確かに僕の動きだけを見ていたら、それは確かにそうなのですが、
僕の真意はまったく別の方向を向いているのですよ。。。。
なんせ「花見百姓」ですから、、、

P.S.
何年ぶりだろうか、、長い文章を書いてしまいました。
次回も長いと思います。。


category: 映画

thread: 映画感想 - janre: 映画

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。