デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

四天王寺メジロ  

DSC_0238_056.jpg

これは先週の話、、晴れたのでいつもの四天王寺の紅梅にてメジロ
を撮るためにしばらく粘っていたのであるが、メジロ君たちがいっ
こうに現れない。。。

はて、、、こまったな。。

と思い10m程離れた樫の木の方で耳を澄ますと、どうもその木の中
にメジロの住処があるようで、大量の鳥の鳴き声がするのであった。

こんなところに隠れていたのか、、とは分かったものの、そこから梅
木へやってきて食事をする気配が一向に見られない、、、
はて、、と思い、その樫の木のすぐ脇にある満開に近い桜(種類は不明)
を見ているとときどきそこに緑の生き物がちょこまかと動き回っている
のを発見した。

こんなところにいたのか、、、

梅に限らず桜の木の蜜も吸う、というのを知っていたのでさっそく桜
の近くに移動することにした。
しかし、、さっきの「姿」はそこには無く、しかたがないので桜の花
を撮ることにした。。。

スポンサーサイト

category: 自然

thread: 花の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

四天王寺メジロ その2  

DSC_0244_057.jpg

「また帰ってくるだろう、、、」と思って、ずーーーーっと待って
いたら、こちらの望みが届いたのでしょうか、2羽のメジロ君が
やってきてくれました!!Great!!

やっぱり梅よりも桜の方が、メジロの緑に映えるなぁ、、、

category: 自然

thread: 野鳥の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

四天王寺メジロ その3  

DSC_0425_058.jpg

メジロ君たちは実に良く動いてくれます。。
一言で言うと

落ち着きがない

って感じですな。もうひっきりなしに動くので上を向いた
まんまいろんな角度にカメラを向けねばなりません。

でもね、その表情もとっても豊かなのである意味スリリン
グな撮影を楽しめたりもしますね。。。

さてこの写真には若干「うそ」が隠れています。
さて何でしょう?
ちなみに合成とか加工とかではありませぬ。。。

category: 自然

thread: 野鳥の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 3

四天王寺メジロ その4  

DSC_0436_060.jpg

ブログのテーマが「野鳥の写真」と言うことになっているが
メジロが「野鳥か?」と問われるとなんだか違和感を感じま
すね、、、スズメが野鳥か?と言うのと同じく・・・。

前にも書いたとおりメジロたちは葉っぱに覆われたクスノキ
(前は樫って書いたかな?)に群生しており、それはたぶん
体の大きなヒヨドリなどからの攻撃を防いでいるのでは???
なんて想像しているがどうだろうか・・・

ともあれ昨日の写真とあまり違いはありませんが、違う角度
から撮影してバックが変わるようにしてみました。
晴れていたのでこういう楽しみかたもいいですね。。

category: 自然

thread: 野鳥の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

びわエキス作成中!!  

DSC_0823.jpg

Facebookにも「花粉症の人のためのビワエキスのすすめ」ということ
で書きましたが、4月7日に天益寺に行ってビワの葉っぱをもらってきて
また作ることにした。

この写真はビワの葉っぱをエタノールにつけておよそ3日目の写真です。
1日目からじんわりと茶色が下りてきましたが、それから比べてもだいぶ
染まってきました。

以下Facebookからの転載です。

「花粉症の人のためのビワエキスのすすめ」

今年の1月末に天益寺に行った。その時、鼻をグズグズさせていた
僕に勧められたのが「ビワエキス」です。
和尚の「これを鼻に入れたら花粉症が出なくなった」という話を聞
いてさっそく試させてもらった。
すると30年来花粉症に苦しめられてきた僕の鼻が今年はまったく
それに反応せず、現在もまったくのマスク無しで自転車を乗り回す
事が出来るほどその症状が出ていないのです。

またこのエキスは誰にでも作れるのでみなさんで作って試してみて
ください。


ビワエキスの作り方です。

1.大きめで色が濃くて分厚いビワの葉っぱを用意
2.適当な大きさに刻む(あまり小さくなくても良い)
3.コーヒーなどの空き瓶を用意する
4.ビワの葉っぱをその中に入れる
5.上から消毒用のエタノールを入れて葉っぱを押すように浸す
6.3週間~1ヶ月ぐらいしたら液が茶色くなってくる
7.ビワの葉っぱを取り出す
8.使うときは別の瓶に移して使う(小さい瓶がいい)
9.その時に葉っぱのカスを漉すようにするこんな感じです。


また使い方は

1.ティッシュを鼻血を止めるぐらいの大きさ(若干小さめ)に裁断
2.びわのエキスに先っちょを浸す
3.液が鼻の内側にくっつくようにそのまま鼻に挿入
4.適当な間を置いて(10分ぐらいかな?)取り出します。

category: 雑文

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

大宇陀さくらまつりへ  

DSC_0567.jpg

先週の土曜日、奈良県宇陀市大宇陀の天益寺で行われたさくら
まつりに美月さんと二人で行ってきました。
その祭りの名のごとく、天益寺では樹齢300年と言われる
しだれ桜が「運が良ければ」満開の状態で見ることが出来る。

・・・がこの日はまだまだ寒く、天益寺に着いたときには時折
白いものがちらほら空から落ちてくるという、この時期には珍
しく寒い寒い一日でありました。

さて天益寺に到着した僕たちは野田さんたちに挨拶した後に、
天益寺近くにある「又兵衛桜」(こちらは超有名)を見に行く
ことにしました。
もちろん「期待して」行ったワケではありませんし、遠くから
眺めてもどう見たって「咲いている」気配もありません。

しかし、それでも写真ぐらいは撮ろうと近くに行くと

「はい100円ね」

というおばちゃんの声。
あ、そうか、近くに寄るのにお金がいるんだっけ、、、とその
時にようやく有料であることを思い出した。
でもちょっと皮肉を込めて

「全然咲いてないね」

というと「おねぇちゃんの分はもらわんとくわ」と言って美月
さんの分は払わなくて良くなった、、ははは。

しかし、ホントお寒い限りの咲きっぷりですな、、、

category: 行事

thread: 祭り/イベント - janre: 写真

tb: --   cm: 0

さくらまつりへ その2  

DSC_0607_066.jpg

ここ天益寺でのさくらまつりのメインイベントである野田さんたち
によるライブ。。
この日の寒さは「雪が降るぐらいの寒さ」である。
これは未だかつて無い寒さの中でのライブであるがこのタイミング
で雪が降らなかったのはなんと言ってもありがたい。

たぶん和尚の念が効いたのでしょうね・・・・

でも笛は寒さでキーが若干狂っちゃうので電気毛布でくるまれてい
たのですが、さすがに人間様が電気毛布にくるまれて演奏すること
は出来ませんので、火鉢を前に置いての演奏となりました。

さて野田さんが演奏している楽器はサンポーニャという楽器。
よく知っている人は「あれ?」とおかしいところがすぐ分かるでし
ょうけど知らない人は全く分からない。。。

またまたクイズのようになってしまいましたが・・・・さて?

category: 行事

thread: 祭り/イベント - janre: 写真

tb: --   cm: 3

さくらまつりへ その3  

DSC_0651_067.jpg

いつもちゃんと写真を撮らせてもらえないゆりさんですが
今回もその例に漏れず、、、であります(笑)

ソロで弾くときなどはステージの前に出てきて、、、なんて
ことができればとってもカッチョイイ写真が撮れると思うの
ですが、ドラムの中村さんしかりいつも端っこや奥の方に隠
れていて絵的には苦しいのが多いんですよね、、、

category: 行事

thread: 祭り/イベント - janre: 写真

tb: --   cm: 0

さくらまつりへ その4  

DSC_0637_076.jpg

レイちゃんです。
寒いのにこんな服だけで頑張っておりますよ、、、
注目して欲しいのは口元から出ている息が白くモクモクと
わき出ていますよね(笑)
この日の寒さが分かってもらえる一枚です。
ライブ終了後レイちゃんと話をしていると

「このマイクがめっちゃ冷たいんです~」

となぜか関西なまりで、、、(大宇陀に来すぎ??)

確かにこの寒空に金属をさらして、それを握って歌うなぞ尋常
ではありませんな・・・

category: 行事

thread: 祭り/イベント - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ミイノモミウラモドキ  

DSC_0769_065.jpg

4月の神戸きのこ観察会。

いつもの神戸元町から歩いて登山。

2時間で再度公園までたどり着くのはさほど難しい
ことではないのだが、ことキノコがたくさんあると
途端に足が止まりぎりぎりに到着することになるが
この日はまだまだキノコは少なかったので大丈夫!!

category: きのこ(六甲)

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 0

シイタケ  

DSC_0780_079.jpg

春のシイタケです。
いつもの所に出ており「もう少し大きくなるかな?」と思ったの
ですが、今日はキノコも少ないだろうと思ってサンプルとして採取。

category: きのこ(六甲)

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 2

トガリアミガサタケ  

DSC_0788_081.jpg

「神出鬼没」とキノコ業界(?)では噂になっているアミガサタケ
ファミリーですが、少なくともこのトガリアミガサタケはかなり
条件が絞られてきているように思います。

その条件とは
・桜の木の下、またはその周り
・クマザサなどが生えていて
・まぁまぁ日当たりがよい

この写真のも見てもらえば分かりますがクマザサに囲まれてます
よね、、、でも・・・・。

category: きのこ(六甲)

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 0

トガリアミガサタケ   

DSC_0802_083.jpg

前回と同じトガリアミガサタケだが、違っているのが一つ。
こやつは桜の木の下で見たものではない、こと。

アミガサタケの中でもこのトガリアミガサタケだけは桜の
木の下でしか見たことがなかったのだが、全く違う木の下
で見つかったのであった。

category: きのこ(六甲)

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。