デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

甘樫の丘から(2)  

20100601_DSC_4671.jpg
キバネニセハムシハナカミキリを追っかけていたら向こうの
方に黄緑色のアマガエル君がいました。
だいたいアマガエルはこんな葉っぱの上に身を潜めているの
が多い。近くを飛んでいる蚊や蠅、その他小さい虫たちを狙
っているのでしょう。。。


20100601_DSC_4691.jpg
こちらはシデムシ
久しぶりに見つけることが出来ました。
漢字で書くと「死出虫」。
死体から出てくるから、と言うことらしいが、すごい名前だねぇ・・・
キノコもそうだけど他の死体を生きるための糧にしている動
植物は多い。というか、、みんなそうだね、人間も(笑)。

スポンサーサイト

category: 自然

thread: 自然の写真 - janre: 写真

tag: アマガエル  シデムシ 
tb: --   cm: 4

甘樫の丘から(3)  

20100602_DSC_4762.jpg
展望台横のカマズミの花は、まさにハナムグリ天国であった。
「天国」と言うだけあって、もう気持ち悪くなるぐらいの
ハナムグリの量に、さすがに虫好きの僕もたじろぎましたね、、まじで。


20100602_DSC_4766.jpg
しかし、たくさんの虫が集まると自然と雄雌の「営み」が
ありますね。というより営みをするために集まってきている
かも知れないけどね(笑)。

しかし、カマズミ、、よっぽどハナムグリの好みなんやろね、、

category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

富士さんぽ(1)  

20100603_DSC_0003.jpg
富士に出張に行ったついでに、朝早くから起きて
富士さんぽに行ってきました。
新富士から地道で1時間とちょいで水ヶ塚駐車場
(五合目の駐車場じゃない)まで行き、そこで周
辺を散策したのであった。


20100603_DSC_0007.jpg
オオバヤシャブシの葉っぱじゃないかと思うので
すが、、、ちょっと自信なし。
でもカバノキ類には間違いないと思います。

どうしてもひいき目に見てしまうのですが、富士山
での「森の空気」が違う、と感じるのは僕だけでし
ょうか・・・
この日は雨の間の晴れ間で、森を歩いていると自分
が森の中にとけ込んでいるような気分になり、前世
は何だったんだろう、、などと考えてしまいます。

「森の人」つまりオランウータンか??

category: 富士山

thread: 自然の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

富士さんぽ(2)  

20100604_DSC_0021.jpg
道を歩いていると見かけない花がたくさん。。
いちおう後で調べるために撮っておきました。
この花、ツルシロカネソウと言うらしいです。

他のシロカネソウとの区別がなかなか難しい
のでメモ代わりにリンク張っておきましょ、、

シロカネソウの仲間


20100604_DSC_0062.jpg
この花は六甲でもよく見かけました。
ウラシマソウという花。道ばたをよく見ながら
歩いているとこの花がひっそりと咲いています。

category: 自然

thread: 花・植物 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

富士さんぽ(3)  

20100605_DSC_0026.jpg
キノコに興味のない人は知らないでしょうけど
富士山は「キノコの聖地」なのですよ。
季節的にはそれ程見つけることは出来ませんで
したが、有るところには有るんでしょうね!!

こいつはキイロスッポンタケというキノコ。

歩いていたら急に現れたこの集団にビックリ!
そして綺麗な黄色にうっとり、、、
こいつは今年のカレンダー候補間違いないね。。

category: きのこ

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 2

富士さんぽ(4)  

20100609_DSC_0040.jpg
珍しくないキノコですが、ついついコイツを見つけたら
撮ってみたくなります、、、きのこも好きですが、写真
はもっと好きだから、、ですかね。

いつ見ても不思議なキノコですね。
キノコの本体は菌糸だというけれどもこのツチグリに関
して言うと菌糸というのはいったいどこにあるのでしょ???

category: きのこ

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 3

富士さんぽ(5)  

20100610_DSC_0051.jpg
「まさか!」と思った。

日にちは5/25日。もう関西では完全に終わっている
時期なので、まったく予想してなかったし、富士山にも
あるなんて考えてもなかったけど、よく考えたら有って
も前々おかしくないんだよね。。

アミガサタケ、、今年はとにかくよく見ました。
行くとこ行くとこで発見したので、ここにも載せてない
ですが富士山記念として載せておきますね(笑)

ただし、今まで見つけたアミガサタケが出ていた場所と
はあきらかに違っていましたね。。

そういえば先週の情熱大陸見ました?
フランスで野菜を作っている山下朝史さん。
野菜を持っていった有名レストランで野菜と一緒にアミ
ガサタケ(モリーユ)出てましたねぇ・・・


20100610_DSC_0081.jpg
このキノコはシメジっぽいですね。。
散策路の横から出ていました。

category: 未分類

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ラミーカミキリ  

20100614_DSC_4917.jpg
ずっと「また撮りたい!」と熱望していたラミーカミキリ。

Yさんちで田植えが終わったよ、と聞いたのでさっそく
田んぼの見学に行ってきました。
田んぼ自体もそうですが、田んぼの回りは結構生態系も
豊かでいろんな虫や生き物がいるのですね。

この日はお天気も良くこのカミキリ君も葉っぱの下に隠れて
おりました。
桜井の駅を降りて朝倉駅へ向かう道々、何かおらんかな、、
と見ていたらいきなりコヤツに出会いました。

お尻から何か出ていますが気にしないで下さい(笑)

category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

クレマチス  

20100615_DSC_4938.jpg

キノコの会のKさん(とても博学でいつも感心させられている)
がこの間こんなことを言っていた。

「あまり栽培種には興味がない!」

つまりは野の花などには関心があるが栽培されて育つ植物には
ほとんど興味がない、ということ。

僕もその意見に賛成。というよりたぶん「キノコ好き」の人たち
はみんなそうじゃないかと思う。
逆に言うと「野の花好き」はキノコもきっと好きになるんじゃな
いか、とそう思うのですが、、あながち間違いじゃないと思うの
ですがいかが?

そうは言ってもまさに“華”があるのは栽培種の方に歩がある。
マクロなんかで撮ったら綺麗やもんなぁ・・・(苦笑)

しかし、いつもながらの「日の丸構図」。

いいんです。。。わざとですから・・・

category: 自然

thread: 花・植物 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

アザミとハナムグリ  

20100617_DSC_4956.jpg
ハナムグリ君がアザミみかぶりついていたので
思わず撮ってしまいました。

カメラはD300Sでこいつはコントラストもあらか
じめピクチャースタイルで設定できるので、この
写真はちょいと濃いめで撮ってみました。

でも色的にはこんな感じがもっとも合っています。

D50と違って色の調整がかなり難しいです。
ナチュラルとかで撮っていたらずいぶんと彩度が
落とされた写真になってしまいます。



category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

石積みの棚田  

20100618_DSC_4972.jpg
「棚田百選なんてとんでも無いですが・・・」

僕が最初に話ししたときのY娘の言葉。

最近は棚田がもてはやされて綺麗な棚田にはカメラマン
や観光客が大挙して押し寄せ「きれい」という言葉を
発して帰っていく。

しかし最近の棚田は整備事業(国の補助が出るんですね)
で真っ直ぐに整えられて機械を入れやすくしてある。

その反対で、この棚田を見て下さい。
石積みで作られた田んぼは、山の形に合わせながらくねくね
と曲がっていますね。

こういう田んぼは機械も入れにくく(特に大きなものは)
非常に効率が悪いのですね。

しかし何とも言えない味がある。
遠い先祖が山を切り開き、石を積み上げて田んぼを作ってい
った歴史がそこに残っているからである。

こういう田んぼは「きれい」よりも「うつくしい」という言葉
がよく似合う。


20100618_DSC_4974.jpg
今年行ったときは既に田植えは終わっていました。

Yさんは言います。

「この田んぼもいつやめようか、と思ってんねん」

出来ればずっと続けて欲しいと僕は思っているのですが・・・

category: 田んぼ

thread: 自然の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ベニシジミ  

20100619_DSC_4988.jpg

ご存じいつもモデルになってくれるベニシジミ君です。
ちょっと深度が浅かったかなぁ、、、(これでもF9)
目にフォーカスすることをだけを考えて撮っていたの
ですが、、、

category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ヒメコバンソウ  

20100621_DSC_4994.jpg
よく見たらどこにでも生えているヒメコバンソウ。
ヨーロッパ原産の帰化植物らしいですね、「コバン(小判)」
と言うぐらいだから日本原産かと思ってました。

これと似たようなコバンソウという草もありますが、
こちらは一度だけ舞洲で見たことがあります。

同じコバンソウを名乗りながら大きさは10倍ぐら
い違うのではないでしょうか?

category: 自然

thread: 花・植物 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ドクダミソウ  

20100621_DSC_5000.jpg

この花は日陰にうわっと咲いていたりして時々
驚かされることがありますが、じっくり写真で
撮ってみるととても綺麗なのですよね。

暗闇の中に明るく灯がともっている、と言う感じ。

一度お茶を作ってみたいと思っているのですが、
どれだけ集めたら良いのでしょうかね。。

category: 自然

thread: 花・植物 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ゾウムシ  

20100622_DSC_5017.jpg
一言で「ゾウムシ」と言っても沢山の種類があるのですよね。

こちらで調べてみると
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/09kochu/zoumushi/index.html

たぶんこやつは「オオゴボウゾウムシ」のような感じですね。

しかし、こう言ったことを調べる人には頭が下がります。。

category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

ラミーカミキリ  

20100625_DSC_5035.jpg
帰り際に見つけたラミーカミキリ。
この時期、この場所(カラムシの葉)にはラミーカミキリ
がいることが分かった。

この色、、素晴らしいなぁ、、絵の具とかじゃ表現できな
い素晴らしい色やなぁ・・・・。

category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

神戸キノコ観察会 6月  

20100628_DSC_5080.jpg

この日は前日から「明日は雨」の予報がされていて
家を6時過ぎに出たときは曇りだったのですが、三宮
を過ぎたあたりからポツポツと降り始め、元町に着い
たときはすっかり“雨”でした。

それでもめげずに六甲山に歩いていき、最初に出会っ
たのはこのドデカいカンゾウタケ。
写真で見たら分かりませんが、直径25センチぐらい
ありました。

カンゾウタケは唯一生で食べられるキノコです。
この日はサンプルのため10センチ大ののヤツだけ持
って帰りました。さすがにこのデカいのはねぇ。。。

category: きのこ(六甲)

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 2

神戸キノコ観察会 6月 その2  

20100629_DSC_5132.jpg
この日は結局一日中雨で、何が一番困ったかというと
レンズが曇ること。。。

傘を持ってカメラがぬれないようにレインコートの
ポケットに入れて、いざ写真を撮ろうとするときに
レンズか曇っているのですな・・・

あわててレインコートの下に着ているTシャツで曇り
を取って撮影に入る。
そんな苦労の連続でした。

さて、このチビッコいのはご存じマツオウジです。
大きくなったら下の写真のようになります。

そしてもっと大きくなったら・・・・これはお楽しみ。


20100629_DSC_5137.jpg

category: きのこ(六甲)

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。