デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

妙なる畑を見てきました その1  

DSC_0309_20080805.jpg
「自然農」というのをご存じだろうか?
簡単に言うと『耕さず、肥料をやらず、雑草を生かし虫を殺さない』
そんな農業(農法)なのです。

現代の農業は農薬を使い虫を殺し、雑草を排除し、化学肥料を使
ってお米や野菜、その他の人間が食べる食物だけを生育(成長)
させているわけです。

この写真の川口由一さんは、農業を継がれた頃もやはりその様な
現代式の農業を行っていたらしいのですが、農薬によって身体を悪
くし、その頃はまだあまり知られてなかった「自然農法」というものに
切り替えられて以来30年、自然農の第一人者として「妙なる畑の会」
や「赤目自然農塾」など現在も指導にあたられています。

この日は2ヶ月ごとにある「妙なる畑の会」に初参加して川口さんの
お話を聞いて、「自然農というもので本当に作物ができるのか?」
という疑問(疑念)を少しでも明らかにしたい、という思いで参加した
のでした。


DSC_0298_20080805.jpg
これが7月頭の川口さんの田んぼです。
田植えは一通り済んでおり(6月末に行われたようです)、黄土色に
枯れた草の間に緑色の稲が所々に顔を出しているのが分かります。

この稲たちは他の隣の田んぼの稲に比べるとひ弱く見えました。
他の田んぼでは稲と稲の間がもっと密集しており、しかも一つの
稲は3本まとめて植えているので、1本植えの川口さんの田んぼとは
緑の濃さがまるで違いました。


DSC_0300_20080805.jpg
稲はある程度大きくなるまで苗代で育成され、その後田んぼに植え
られることになります。
川口さんの田んぼは麦わらや雑草などが枯れた「亡骸の層」をかき
分けて苗を植えていくことになります。


スポンサーサイト

category: 田んぼ

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

妙なる畑を見てきました その2  

DSC_0313_20080807.jpg
田んぼの一部をこのようにして苗代として使っています。
この苗代では「亡骸の層」を切り取ってそこにモミを撒いて
いき、ある程度大きくなるまで育てます。


DSC_0321_20080807.jpg
苗代から取ってきた苗を植えているところです。
もちろん機械は使えませんので、鎌と手を使って一つ一つ
地道に植えていきます。


DSC_0326_20080807.jpg
次は雑草の刈り方を実践して下さっています。
雑草は「抜く」のではなく、その勢いを止めるために「刈る」
ということです。
このようにして刈られた雑草はその場に横たえて、それが
新たな肥料として生まれ変わります。

ここが「自然農」のミソの部分で、この作業は7月・8月にか
けて延々と行われます。
いわゆる「雑草との格闘」という感じです。

除草剤などを使っている田んぼではこうした作業はまったく
必要としません。


DSC_0311_20080807.jpg
川口さんの田んぼはいわゆる「水田」とは違っていて一見
陸稲栽培のように見えますが、田んぼの周囲は畦が掘って
あり、そこにはこの写真のように水が入っています。

この水は「亡骸の層」に染み渡り、稲を「水稲」として育てて
くれるのです。

また写真から亡骸の層からしみ出している養分が見えるで
しょうか?茶色の部分がそれなのですが、これが「肥料を与
えなくてもよい」秘訣なのです。


category: 田んぼ

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

妙なる畑を見てきました その3  

DSC_0332_20080808.jpg
田んぼの次は隣にある畑を見せてもらいました。

この写真はスイカのでしょうか、、やはり周りには雑草が
生い茂っていますが、スイカの直ぐ近くは雑草を刈り取り
横に敷かれています。


DSC_0334_20080808.jpg
田んぼの入り口に有る案内板です。
でも、、たぶん、、初めて行ってこの看板を探すのは難しい
でしょうね・・・・


DSC_0342_20080808.jpg
キャベツが出来ていました。
見ると虫食いがほとんどありません。
嫁さんからは
「葉ものはめっちゃ虫に食われる」
と聞いていた僕はこのキャベツに驚愕しました。

このキャベツの周りは虫だらけのハズです。
なのに何故虫に食われないのか?

一つには害虫(人間から見て)を食べてくれる生き物が
たくさんいると言うこと、そしてもう一つは、キャベツよりも
周りに生えている雑草を虫が食べているということ。

特に2つめが重要で、雑草を抜いてしまいここにキャベツ
だけを植えていると虫はキャベツだけしか食べるものが
ないので、キャベツに集中して虫が寄ってくる。

で、雑草を抜かずにそのまま繁殖させておくと、虫たちは
自分たちの好きな方、つまり雑草の方へ寄ってくるわけ
です。おまけにそんなところ(雑草の多いところ)には天敵
も多いわけですから、自ずと虫が大繁殖することは無くな
るわけです。




category: 田んぼ

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

きさいちでトレーニング  

「?」
DSC_0142_20080810.jpg
今年の富士登山トレーニングのために私市に行ってきた。
膝の調子がどうなのかを試すために登ってきたのだが、
案外上り下りには痛みを感じることなくすんなりと登ること
が出来たので一安心。

「まだ、出てないやろなぁ・・・」と思いつつ道ばたに目を凝ら
していると、結構キノコ君が出ていることがわかりました。

このキノコ、名前は分かりませんが、傘全体がチョコレート
の粉をまぶしたような綺麗な焦げ茶色で塗られており、
形もまさにチョコレート。
世界のどんなショコラティエが挑戦しても勝てない、そんな
自然が作り出したみごとなチョコレートです。


「タマシロオニタケ(だとおもう)」
DSC_0145_20080810.jpg
ちょっと太めですがタマシロオニタケ(毒)だと思います。

あえて「毒」と書く必要もないぐらい誰が見たって毒で
すな・・・わはは。


「?」
DSC_0149_20080810.jpg
去年もこの辺りで見かけたキノコです。

category: きのこ

thread: キノコ - janre: 写真

tb: --   cm: 0

アシナガバチ&アマガエル  

DSC_0160_20080813.jpg
嫁さんから
「畑にアマガエルがいっぱいおるよ」
との知らせを受けて写真を撮りに行った。

きゅうりの葉っぱのところで探していたらセグロアシナガバチ
を発見、良い写真がとれないまま逃げていった。。


DSC_0163_20080813.jpg
その後、同じ場所でフタモンアシナガバチがいたのでしっかり
と撮らせてもらいました。


DSC_0183_20080813.jpg
「アマガエルここにいたわ!」
と嫁さんが言うので、行ってみたらかわゆいのが、ところどころに
におりました。

この時期(7/27)はまだ小さいヤツが多く、どっぷりと太ったヤツ
と違い逃げ足が速いので、撮るのにチョッと苦労しました。

category: 自然

thread: 昆虫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

北山村ラフティング  

DSC_0054_20080820.jpg
奈良県の北山村へラフティングをしにいってきた。
うちの嫁さんの「前からの夢」を実現しに行くためである。

この写真は北山村へ赴く途中で寄った「千尋の滝」(上北山村)
の淵に飛び込む美月さんの写真です。
中学2年生なのですが、こんなん好きです。。。


DSC_0009_20080820.jpg
下北山村のダムに架かる橋です。
ちょっと雰囲気が良かったので撮ってみました。


DSC_0015_20080820.jpg
滝へと向かう途中の川の中にいました、ヒキガエルでしょうか?

テレビでこの滝が紹介されていたらしいのですが、その時も
このカエル君がこの様にしていたらしいです。
たぶん川の水が冷たいので、ひなたぼっこをしているのでし
ょうかね、、、

category: 遊び

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

北山村ラフティング その2  

DSC_0061_20080822.jpg
これが千尋の滝です。
僕は滝撮り名人ではないのであまり良い写真じゃなくて
滝に申し訳ないのですが、、落差は70mもあり、なかなか
見栄えがよい滝でした。


DSC_0027_20080822.jpg
滝の下には滝壺があり、見物人も少ないことを良いこと
に、さっそく水着に着替えて泳いでおりましたよ、、わが
家族は。。


DSC_0051_20080822.jpg
こちら大河君の飛び込み映像です。


DSC_0065_20080822.jpg
気持ち良さそうに泳いでいる兄弟。。




category: 遊び

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

北山村ラフティング その3  

DSC_0236_20080826.jpg
千尋の滝でハグロトンボの写真を撮っていたら、ピュっと飛んで
いったかと思うと、元いた場所に戻ってきた。

よく見ると口に何かくわえているのが分かります。
たぶん蝿か蚊だと思うのですが、この写真からは判別は出来ま
せんね。
ただ、飛び立ってからくわえて戻ってくるまでの素早さと言ったら
神業としか思えませんな、、、


DSC_0244_20080826.jpg
3人で滝横のガケに登っているところです。
マイナスイオン全開の滝に打たれてちょっとは
人間的に成長するでしょうか・・・・。


DSC_0178_20080826.jpg
あまり成長したとは思えない男が浮き輪で浮いております。


DSC_0104_20080826.jpg
あまり成長したとは思えない女がジョントラボルタしてます。。。

category: 遊び

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

北山村ラフティング その4  

DSC_0260_20080827.jpg
ここ北山村は本来は「筏下り」で有名なところなのですね。
なので、道の駅「おくとろ」の駐車場にはこの様な石像が
立っております。


DSC_0265_20080827.jpg
晩ご飯を食べた後、夕焼けが美しかったのでパチリと。


DSC_0275_20080827.jpg
花火の風景を綺麗に撮れないかと苦心しておりました。
この写真も切れとは言い難いですが、色あい的には
とってもグー。


DSC_0317_20080827.jpg
花火のまさに「花」の形を撮りたかったのですが、上手く
いかなかったですね、どうしても線じゃなく、点で撮れてしまう。
しまいには花火が無くなってしまい万事休す。。
この写真はその悪戦苦闘の結果です。


category: 遊び

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。