デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

梅と一緒に  

DSC_0015_20080331.jpg

今はもう桜もつぼみがふくらんできて、ちらほらと花をつけている今日
この頃ですが、この花は「梅」なんです。

僕の家から駅に向かう道すがら、毎年美しい梅の花を咲かせている
庭がありまして、以前そこからウグイスの鳴き声が聞こえたことがあ
ったのです。
そこで、「もしかしたらおるかも!」との期待を持って写真を撮りに行
きました。


DSC_0065_20080331.jpg

しきりに蜜蜂があちこちに飛び回って蜜を集めていましたが、残念な
がらウグイスは現れてくれませんでした、、、残念。


DSC_0079_20080331.jpg

背景に黒を持ってくると花びらの美しさが引き立ちますね。。

スポンサーサイト

category: 自然

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 0

梅と一緒に その2  

DSC_0092_20080403.jpg


近所の梅から、今度はちょっと遠出して天王寺さんまでやって
来ました。
ここの梅は今年のカレンダーで登場しているまさにその梅です。

こちらの梅は「紅梅」の方で、確かに比較すると近所の梅より
もだいぶ赤いですね。。


DSC_0097_20080403.jpg


ヒヨドリが飛んできました。

ヒヨドリ、、通称我々の間では「ヒヨちゃん」と呼んでいる鳥です
が、この鳥、会社のベランダに植えている野菜の葉っぱを食べ
に来る我らにとっては天敵のような鳥君なんです。。

category: 自然

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 0

梅と一緒に その3  

DSC_0102_20080405.jpg


写真を撮っていると、ときどき奇跡のような瞬間に出会う
ことがある。
それはむしろ「狙い」をつけていないときに限ってやって
くるものだ。
この時も、六時堂を背景にして紅梅のほんのりとした赤
を撮っていたときのことだった。


DSC_0117_20080405.jpg


ふと何かが飛び回る気配を感じてレンズをそちらの方に
向けてみると、な、な、なんとそこには綺麗な萌黄色をし
た鳥が飛び回っているではないか・・・

周りにいた人たちもその「鳥」を発見したらしく、あちらこ
ちらで

「うわぁ、あれウグイスと違う?」
「あっ、そうやわきれぇやなぁ・・・」

なんて会話が飛び交っていた。
僕もてっきりこっきりウグイスだと思って、ここぞとばかり
に写真を撮ったものである。

しかし。。。


DSC_0163_20080405.jpg


ちょっとおかしいなぁ、、とおもい家に帰って調べてみると
「その鳥」はメジロでした。。(笑)

通りで目のまわりが白いんですね、、、納得。
でも調べて分かりましたが、ウグイスよりもこのメジロの方
が毛並みもスベスベでとっても綺麗ですよ、、、マジで。

category: 自然

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 0

万博記念公園  

DSC_0124_20080410.jpg


EXPO JAZZ FESTIVAL 2008 を見に(聴きに)行くために
万博記念公園まで行ってきた。
もちろん花粉が猛然と襲いかかってくることを承知の上で
す、、はい。

今回はそのために「花粉鼻でブロック」をあらかじめ嫁さん
が買っていたので、それを鼻の内側にヌリヌリしてから
出かけたのであった。

この並木道はアメリカスズカケノキ(プラタナス)です。


DSC_0146_20080410.jpg


先ほどの並木道を過ぎると美しいしだれ桜がありました。
この桜の近くではお弁当を広げたり、踊りを踊ったりと
皆さんとっても陽気で陽気で、、、やはりこれだけ綺麗
な桜は人をハイテンションにさせるのでしょうかね。。


DSC_0151_20080410.jpg


桜の花はいわゆる桜色より、これぐらいピンク色のほう
がくっきりとメリハリがあって僕は好きですね。
ハイテンションにさせる「媚薬」でも秘めているのでしょうか・・・


DSC_0160_20080410.jpg

この桜は先ほどのお隣にある桜です。
こちらはみごとな枝ぶりで、、一休みしている人たちも
なんだかホッコリとしています。。

category: 遊び

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

万博記念公園 その2  

DSC_0134_20080415.jpg

桜の木の横でちょいと休憩しています。
この日は「桜祭り」ということで、ものすごく沢山の人が
やって来ており、駐車場もいっぱいでいっぱいで、、、
まだこの頃にはまだ嫁さんは駐車場待ちの車の中
だったのです。。


DSC_0172_20070415.jpg

実はこの後ろ姿を見たのは初めてじゃないでしょうかね、、、
前からの姿も良いですが、後ろ姿もとっても偉大です!!
思わず見入ってしまいましたよ。。


DSC_0180_20080415.jpg

本日の目的は「桜見学」ではありません。。。
この「EXPO JAZZ FESTIVAL2008」が本命だったんですね。
お祭り広場で行われたライブなのですが、この日は晴れで
とにかく暑かった、、、


DSC_0184_20080415.jpg

「FM COCOLO」というラジオ局を知っているでしょうか?
知らないんだったら、是非聞いてチョ。

そのFM COCOLO夕方7時から始まる番組「AFTERGLOW」
でDJをしている大ファンのジャネットがこのお方、、、
この日は歌は歌わなかったのですが、いつもの口調で司会
をされておりました。。


category: 遊び

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

万博記念公園 その3  

DSC_0187_20080419.jpg

何年かぶりで「太陽の塔」を見ましたが、やっぱり良いですね!!

「大阪に来たらどこに遊びに行く?」

と聞かれたら

「万博記念公園に『太陽の塔』を見に行ってください!」

と言えるぐらい、、良いです。
この外人さん達もきっとそう言われてここまで遊びに来たんでしょうね・・・(笑)
くつろいだ雰囲気とバックの「太陽の塔」がとっても合ってます。



DSC_0208_20080419.jpg

太陽の塔の「顔」です。
金ぴかに輝くその顔はどこか未来的でしたが、いまでも未来的に
輝いていますな。。。


DSC_0215_20080419.jpg

サッカー少年です。
本人は最近やっとサッカーに芽生えてきたようで、、、クラブに入
ってもう何年たったでしょうか。。。


DSC_0229_20080419.jpg

僕はこの角度から見る太陽の塔が一番好きですね。
もうちょっと夕日の影が差していたのですが、明るく撮れて
しまいましたね。。


DSC_0237_20080419.jpg

下から見た太陽の塔です。
子供の頃は「なんだ??」と思っていた特徴のある顔なんですが
こうやって見るととても理知的な顔に見えます。


category: 遊び

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

万博記念公園 その4  

今回はとってもほのぼの写真を集めてみました (*^_^*)

DSC_0238_20080423.jpg

大陶器展が催されている横でこんなちびこい二人が
可愛く桜の葉っぱを集めていました。


DSC_0240_20080423.jpg

チューリップの咲く道を若い夫婦と女性のグループが
歩いておりました。
この二組は一緒のグループなのかな・・・?


DSC_0245_20080423.jpg

二人の姉妹がチューリップの花を眺めている向こうでは
カップルが何か楽しげに話をしておりますね。
どう見ても喧嘩しているのではなさそうです(笑)


DSC_0258_20080423.jpg

芝生広場の大きな木の下で二人の老人(?)がノンビリと
会話を楽しんでおりますな。。


category: 遊び

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

目薬コレクター?  

DSC_0014_20080423.jpg


この目薬たち、実は僕がある病気にかかったもので、一日に3回
目に差さなければならない目薬なのです。

あれは確か1ヶ月ぐらい前ですかね、、もうそろそろ花粉症の気配
がし始め、鼻が少しだけムズムズしてきたころでしょうか、、、

鼻と同時に必ず目もかゆくなったり、赤く充血したりするので、今
年は「予防」として花粉症の目薬である「アルガート」を購入し、
ちょっと目にゴロゴロと違和感を感じたら直ぐに目薬を差して、
そして織田裕二のまねをして「きた~~っ!」なんて叫んでいたも
のでした。

しかし、朝を迎えると目やにが出だして、目のゴロゴロ感も少しず
つ強くなり、そして最近は目が霞むようになってきたのです。
また霞むのは朝だけではなく夜11時を過ぎたあたりから霞むよう
になってきて、急いで目薬を差していたのでした。

「これも恐らく花粉症のせいだな?」

しばらくはそう思っていました。
しかし、実際鼻には花粉症の症状はほとんど無く、敏感鼻に感ず
る「花粉アンテナ」にも、それほど著しい花粉も感じることも無かっ
たので、「もしかしてこれは花粉のせいではないのでは?」という
考えに達して意を決して目医者に行ったのでした。

そこで視力の検査や眼圧の検査、あとは先生の目診でもって言
われたのは、、

「かなり目に傷が有るなぁ~~」
「こりゃ目の使い過ぎやでぇ!」

と言うことでした。
つまりはテレビやパソコンなどをじっと見ることにより目を使いすぎ
て疲れているのでしょう、、と言うことでした。
そして、病名を聞くと

「まさに、ドライアイですな!」

聞いたことありますよね、ドライアイ。
最近のコマーシャルでよく聞く病名ですが、まさかドライアイだとは
思ってもいませんでした。

と言うことで、この目薬を差して早3日ですが、目やにの量もかなり
減ってきていますが、まだ夜になると目が疲れてショボショボするの
直っていませんが、出来るだけテレビは見ないようにしようかと思い
ますね。。

category: モノ

thread: 何気ない日常の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ドングリの木  

DSC_0005_20080429.jpg


この小さな木は去年の秋、私市に行ったときに拾ってきた
ドングリが発芽をし、冬をのんびり越して、やっとこここまで
成長してきたのである。

実はこのドングリ達の実を植えてから、いっこうに芽が出て
こない(土から出てこない)ので、もう完全にあきらめていた
のですが、4月になったぐらいでしょうか嫁さんがプランター
に植えた野菜に水やりをしていたときに

「これ、植えたどんぐりとちゃうん?」

と教えてくれたのでした。
ドングリの木は野菜などと違い、植えてからなかなか芽が
出てこないようですね、、というより寒い冬を土の中でグッ
と耐えていたのかな。。

category: どんぐり

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

ドングリの木 その2  

DSC_0021_20080430.jpg


子供の頃、どうしても欲しかったのが「ドングリの木」であった。

家の庭の前にあった木は「ナンキンハゼ」という木で紅葉し
冬には落ち葉を集めて焼き芋などが出来て良かったのだが
いかんせん虫が好んでやってくる木じゃなかったので僕はあ
まり好きではなかった。

夏休みには毎日朝の6時に起き、近くの公園に行って前日の
晩に仕掛けておいたスイカを見に行き、カブトムシやクワガタが
食べに来ていないかをチェックすることが日課であった僕は

「こんな木が家の庭に有ったらなぁ・・・」

と切望していたのであった。。

category: どんぐり

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。