デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

六甲登山 2006  

六甲


去年の年末(31日)に六甲山へ登ってきた。
毎年恒例の行事だが、今回は無謀にも新たにT氏も「行くわ!」と言い出したので(笑)、
3人で登ってきました。

もう何年も山登りをしていなかったT氏。
そして、一昨年までは身体を弱らせていて、あまりメシも食べられなかったT氏。
第一目標の穂高湖に着いた時にそのT氏の携帯が鳴った。

「大丈夫、ちゃんと生きてる?」

嫁さんからの電話であった。

そういえば、ついこの間、六甲で崖から落ちて遭難し、22日間冬眠状態だった人が
救出されたばかりだったっけ・・・。

スポンサーサイト

category: 自然

tb: --   cm: --

布引の滝か?  

DSC_0087.jpg


年末の山登りの途中で現れる「布引の滝」です。

「えっ、これがあの有名な?」

と驚かれる方も多いことでしょう。
僕もこの「糸」の様に流れる滝を見て「崖が流す涙」
と思ってしまいましたよ、、、ほんと。

実はこの滝の上に新しい貯水池があり、そこで放水量
をう~んと絞っている結果がこの「涙」なんですよね。

まぁ、年末にこんなところを通るヤツらは、ろくな観
光客者じゃない、という意図が込められているのか、
それとも単に水不足なのか・・・。

でもこの滝を目当てにやって来た人もいるでしょうか
ら、この流れはあまりにも悲しすぎますな。。

category: 自然

tb: --   cm: --

忘れ柿  

DSC_0090.jpg


冬の六甲には「鮮やかな色」は、ほとんど無い。
ほとんどがくすんだ緑と、枯れた茶色とそのグラデーショ
ンで構成されていて「写真的」にみるととても殺伐とした
ものになってしまうのだ。

たまさか通りがかった時にこの様な柿の「色」を見つける
とお腹をすかした子供のように、むしゃぶりつくように撮
りたくなるのです。

しかし、僕が撮っていたとき隣でこんな会話が交わされていた。

「えらい沢山、柿が残ってるなぁ・・・・」
「鳥も食わへん柿やから、よっぽどマズいんやろなぁ~」

確かにそうかも知れない、そうかも知れないがやっと見つ
けた鮮やかな色に対してまさに「味気ない」お言葉はやめて
もらえんかなぁ、もう・・・。

category: 自然

tb: --   cm: 0

絵馬にお願い  

DSC_0014.jpg


今年の初詣は「大阪天満宮」に行った。
と名前を言えば直ぐに分かるだろうが、言わずと知れた
「学問の神様(菅原道真公)」へ合格祈願をしに行った
わけである。

これを言うと「ええっ!」という人が多いのだが、この
絵馬にお願いを書いている本人はただいま小学6年生。
つまりは「中学受験」の合格祈願なのである。

その「えぇっ!」というのは「小学校やのにもう受験か!」
という「えぇっ」であると思う。確かに僕自身も「えぇっ」
と思った口ではあるが、つまりはこれ大袈裟に言うとお
国柄というか、土地柄と言いますか、、、、

ただいま僕が住んでいるまわりでは、中学受験はおそらく
半数の子ども達が受けれるのではないか、と、統計を取っ
たわけではないのだが、話を聞いた限りではそんな感じ
であろう。

つまりはある意味「普通に」中学受験が行われている地域
なのである。そんな中で別に親がしゃかりきになっているワケ
でもないのだが、

「私学の方がきっちり教育してくれる」

と言う理由で僕も有る程度子供の受験を応援している。
また、別の意味で現代の公立の教育制度のあり方に対する
僕なりの抵抗も少なからずある。

しかし何よりも本人がやる気満々なのでそこは親として
応援しなければならないと思っている、、、ので今年は
天満宮へと初詣に来たのであった。

ただ、この絵馬に志望校を書いて、掛けておくだけでま
んまと合格するなんて甘いもんじゃないけれど、やはり
こうやって願を掛けに来るというだけで一安心してしま
うんだもの、人間って単純なのだな・・・って俺だけ?




category: 子ども

tb: --   cm: 0

ガンバレ絵馬くん!  

DSC_0018.jpg


これ大阪天満宮にかかっている「絵馬」です。
よく見るとみなさんなかなか賢そうな字で、しかも賢そうな志望校
ばかりがかかっているように見えます。

「これを書いたからと言って志望校に必ず合格するぞ!」ってワケ
じゃないんだが、いままで一生懸命自分の力を振り絞って勉強して
きて、自分では何ともできない最後の領域、、、それがつまり「運」
という領域であり、その「運」を呼び込んでくれるのがこの「絵馬」
君達なんでしょうね。。。

それにしても「絵馬」君達、これだけたくさんの受験生達に「運」を
授けて回るっていうのも大変なコトですな・・・
しっかりニンジンを食べて頑張ってもらわないと・・・(笑)

category: 子ども

tb: --   cm: 2

えべっさん  

DSC_0004.jpg


えべっさんに行ってきました。

ことしは宵宮の午前中に写真撮影だけしてきました。
十日は朝からでもかなり混むでしょうから、とにかく空いて
いる時間帯に撮るぞ!という意気込みで九日の朝にしました。

その計画がズバリ当たり、まだ初日なので写真慣れしていな
い、ぎこちない表情ながら、福娘のみなさんは可愛らしい笑
顔で迎えてくれました。

「いつもながら、えぇなぁ~~~」

と思いつつ、「見とれてたら、あかんあかん」と改心して福
娘の写真をおよそ20枚、その他今宮戎の写真を20枚きっ
ちり撮ってきましたよ。

これで来年の会社の年賀状およびカレンダーの1月分は確保
できました、ほっ。

category: 行事

tb: --   cm: 0

あんたが一番  

DSC_0038.jpg


えべっさんの「システム」は実に効率的だ。

お賽銭が投げこまれる樽らしきものの横で笹だけが配られ、
その向かいのエリアには福娘がずらっと並んでおり、笹を
受け取った人たちはその福娘達のところへ行って飾りをい
ろいろと付けてもらい、その飾りの数、及び種類によって
金額が決まってくるのだ。

笹は無料だがかざり(お守り)がはっきり言って製造単価
をはるかに超えるまさに「暴利」に近いものではあるが、
それに対して文句を言っちゃいけないのである、ましてや
かの大阪人であってもそこで「値切る」なんてコトをする
のは天罰を食らって万死に値することである。

また、飾りを付けてもらうのは福娘さんにかぎる。
僕らは当初、福娘さん達じゃなく、別のエリアに並んでい
るおっちゃんに付けてもらっていたのであるが(それはそ
れで、しっかりしていて良いのだが)、やはり年頭から
「若さ」と「美貌」が仕事パワーの源になると思い直し、
ある年から福娘さんらに飾りを付けてもらうことにしたのだ。

するとすると、、、やはり飾りを付けてもらうのは美人に
限るよなぁ・・・というのは世の習い。
世間様もそのようで、方々から

「あの福娘さん綺麗やからあの人に付けてもらお!!」

という声がチラホラ。もちろん声に出さない人たちも想い
は同じであろう。
そして写真を撮る大勢のにわかカメラマン達の想いも寸分
も違わないはずだ。

・・・ということで、宵宮の撮り放題の中一番綺麗だった
福娘さんをここで紹介します。。

目元のキリリ具合がとってもグーでした。

category: 行事

tb: --   cm: 0

合格でした!!  

DSC_0043.jpg


本日は中学受験の結果発表の日。
僕と大河はいりさ家新年会だったので、12時からの法事の
あと、十三のガンコ寿司にて宴会の真っ最中に電話が鳴った。

電話の向こう側では誰かが泣いている声

「あ、あのなぁ、みづきなぁ、#$%&%$してん~、うわ~」
「えっ!なんて??」
「みづきなぁ、ご(’&%$#!したの~~、え~ん」
「ん?ごうかく?」

そしたら嫁さんの声が現れて

「合格したんやわぁ、ほっとしたでぇ」
「そうかそうか、、それはおめでとさん!えらいみづき泣いとったな~」
「そうやねん、感激のあまり号泣してんねん」

夕方の4時に結果が発表されちゃーんと番号が有ったようですな。
こちらもホロッとしました。

ま、とりあえず、おめでとさん、そしてご苦労さんでした。


category: 子ども

tb: --   cm: 0

このパネルが待ってます!  

DSC_0027.jpg

我が事務所へ登ってきたエレベーターが開いた時に
お迎えしてくれるパネルがこれです。
このパネル「TBSのロゴ」を作った大内さんに作って
もらったものなんです。

「事務所を開設します~~」のメールを送ったら、
「じゃあ開設祝いにパネルでも作りましょうか?」の
ありがたい申し出。

さっそくいろいろデザインを考えて、あまり派手派手
しくなく、シンプル&オシャレなデザインで、かつ、
ちょっとユーモアが感じられるような、、そんな小難
しいモノを考えた末、思いついたのがこれなんです。

だいたいのイメージと僕が考えて、イラストは以前か
ら使っているものを提供して、後のデザインは大内さ
んにおまかせし、それでもすったもんだのあげくに出
来上がったのがこのパネルなのでした。

是非みなさんもこのパネルを見にうちの事務所まで遊
びに来て下さい、、それだけの値打ちは有りますよん。。


category: お仕事

tb: --   cm: 0

我が事務所に足りなかったもの.  

P1130782.jpg


我々カベルの事務所に足りなかったもの、、それは時計なんですね。。
その時計がやっと昨日届きました (^o^)。

実はこの時計、先輩のKさんとTさんに年末の山登りで

「実は時計が欲しいんですよねぇ~事務所に~~♪」

とポツリと言ったところ、なんと翌日に

「俺たち二人で時計買うたるわ!!」

の暖かいお言葉、、どもどもありがとうございます。。
なんだか「おねがり」したようで申し訳ないですな。

えっ、しっかりおねだりしてるって?

まぁまぁ、それは良しとして(笑)
時計だけじゃ寂しいので、この観葉植物も一緒に頂きました。

いやぁ、ホントにホントにありがとございました~。

この場を借りてお礼を申し上げます!!

事務所に来られた時はぜひぜひ美味しい紅茶を3杯ほど飲んで
帰ってください、、、リプトンですが・・・(爆)

category: お仕事

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。