デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このパネルが待ってます!  

DSC_0027.jpg

我が事務所へ登ってきたエレベーターが開いた時に
お迎えしてくれるパネルがこれです。
このパネル「TBSのロゴ」を作った大内さんに作って
もらったものなんです。

「事務所を開設します~~」のメールを送ったら、
「じゃあ開設祝いにパネルでも作りましょうか?」の
ありがたい申し出。

さっそくいろいろデザインを考えて、あまり派手派手
しくなく、シンプル&オシャレなデザインで、かつ、
ちょっとユーモアが感じられるような、、そんな小難
しいモノを考えた末、思いついたのがこれなんです。

だいたいのイメージと僕が考えて、イラストは以前か
ら使っているものを提供して、後のデザインは大内さ
んにおまかせし、それでもすったもんだのあげくに出
来上がったのがこのパネルなのでした。

是非みなさんもこのパネルを見にうちの事務所まで遊
びに来て下さい、、それだけの値打ちは有りますよん。。


スポンサーサイト

category: お仕事

tb: --   cm: 0

我が事務所に足りなかったもの.  

P1130782.jpg


我々カベルの事務所に足りなかったもの、、それは時計なんですね。。
その時計がやっと昨日届きました (^o^)。

実はこの時計、先輩のKさんとTさんに年末の山登りで

「実は時計が欲しいんですよねぇ~事務所に~~♪」

とポツリと言ったところ、なんと翌日に

「俺たち二人で時計買うたるわ!!」

の暖かいお言葉、、どもどもありがとうございます。。
なんだか「おねがり」したようで申し訳ないですな。

えっ、しっかりおねだりしてるって?

まぁまぁ、それは良しとして(笑)
時計だけじゃ寂しいので、この観葉植物も一緒に頂きました。

いやぁ、ホントにホントにありがとございました~。

この場を借りてお礼を申し上げます!!

事務所に来られた時はぜひぜひ美味しい紅茶を3杯ほど飲んで
帰ってください、、、リプトンですが・・・(爆)

category: お仕事

tb: --   cm: 0

五月人形  

雛人形の卸をやっている親戚から電話がかかってきた。

「おぃ、じょーじ最近はインターネットで良く人形が売れてる
らしいよぉ!!」
「あぁ、そうですか。。」
「○○人形とかね、△△人形なんかよく売ってるってよ!」
「まぁ、売るとこは商売上手いですからねぇ~」

実は4年ほど前から親戚のサイトのお手伝いをしているのだが
この会社が「卸」なので表立って安値を付けることが出来ない
のであった。

つまりインターネット上では簡単に他社と比較できてしまうの
で値段が1円でも安い方から買う、というのが当たり前になっ
ているのであった。

しかしそれでも以前までは「ものを見て買う」というのが当た
り前であったこの雛人形業界、インターネットでの購買をかな
りなめていたのであった。。

でも昨今はかなりその風向きが変わってきたようですね。。。

また商品も年々変わっているので、新製品を載せていかないと
まずいので写真を送ってもらい五月人形の商品を総入れ替えし
ました。。

疲れた・・・、まじで。

最近は五月人形というより完全に戦国マニアのコレクションみ
たいになってるのでかなりの驚きでした!!


『徳川家康黄金鎧 太陽屏風飾り』
20100310_カタログ用 028


『伊達政宗鎧金沢箔屏風飾り』
20100310_aaaaa.jpg

『真田幸村鎧 太陽屏風飾り』
20100310_bbb.jpg

あなたはどれがお好みか??

どれも要らないって?う~んそれは言えるかも(笑)

それでももし買いたい人がいればここから買ってね!

『青山人形』
http://aoyama-ningyo.jp/



category: お仕事

thread: 生活の中で - janre: ライフ

tb: --   cm: 4

能楽会館WEBサイト  

nougaku-1.jpg

知り合いの依頼で「大阪能楽会館」のWEBサイトを作ってみた。

いろいろと紆余曲折有りましたが、やっとこ完成に近づいてきました。
今回のWEBサイトは最終的に「自分たちでもメンテナンスしたい」という要望と「出来るだけお金をかけたくない」という要望を受けてWixのサイトで構築してみました。

かなりいろいろ制約があって自由に作れないところもあるので、WEBデザイナーさん達からは敬遠されるんだと思いますが、僕のような「それを主にしてない職業」のものからとれば、結構カッコいいデザインが作れちゃうので、嬉しかったりするのですな、、

「大阪能楽会館」
http://nougaku.wix.com/nougaku

category: お仕事

thread: イベントの写真とか風景とか… - janre: 写真

tb: --   cm: 0

「初めて余市に行った時の話」  

20代の後半だったろうか、余市にあるゴルフ場の打合せのために「冬の余市(北海道)」に出張に行ったことがある。ホテルが併設されているゴルフ場なのであるが、まだオープン前のためそのホテルに泊まることが出来ず、その会社が保有しているアパートに泊まらせてもらうことになった。
スキーでは一度、冬の北海道に来たことがあるのだが、仕事で来たのは初めて。ましてやアパートに泊まることなど思いも寄らぬことだった、、、。

まぁ、それでもタダで泊まれるからいいか、、

などと思いながら、そのアパートの前で降ろしてもらい、送ってもらったYさん(その会社の人ね)に風呂場とかストーブとかの在りかをを教えてもらい、Yさんは帰っていった。「温泉もあるけど行く?」と誘われたけど、思いっきり湯冷めしそうなので「部屋のんに入りますわ」と言って断った。
その部屋はアパートと言ってもコンクリートの打ち抜きのままの部屋で、まったく暖かみの無い部屋であり、もちろん部屋にいても猛烈に寒いのであった。

それでもストーブさえ付ければきっと暖かくなるはず、、と思いストーブのそばまで歩いていって、そのアラジン製のような古いストーブに火を点けようとしたのだが困ったことにつけ方がどうしても分からない。昔のストーブのようにドーム型の部分をパカッと上げて火をつけるとかじゃなく、いままで見たことのない構造であった。

げっ、困った、、と思ったのだが、焦れば焦るほど身体は凍りついていく、、

じゃあ、と思い、風呂でも先に入ろうか、と思って蛇口をひねっても水も出ない・・・

困った、、実に困った、、、

あ、ちなみに北海道では寝ている間もストーブは入れっぱなしなのです。何故かというと死んじゃうから・・・

もうこれはあかんと思い、携帯でYさんに来てもらうことにした。

「あのぅ、、ストーブの火のつけ方が分からんのですわぁ。。」

なんと情けない電話だろうか、「わしゃ小学生か・・」と思いながらも、温泉からあがりたての火照った顔をしたYさんが部屋に駆けつけてくれた時は、天は我を見捨てなかった!と思ったな。。
無事にストーブのつけ方を教えてもらい、お風呂は凍結防止のため水道の元栓(?)を開けないと出ない構造だったらしく、無事栓を開けてもらい水が出ることを確認したのであった。

北海道には絶対に住まないぞ、と心に誓った(笑)

category: お仕事

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。