デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

怪しい人  

P1130808.jpg


この季節(花粉症の季節)になると怪しい人が増えてくる。。。

「まるで毒ガスをふりまいてるようだな・・・」

Nさんは現代のこの花粉症対策でマスクをする人が以上に増
えている状況を称してこう言いはなった。
たしかに我ら「花粉症」の人たちからしたらスギ花粉は軽い
「毒ガス」に等しい。

僕は東京駅で花粉症完全武装した女の人を見たことがある。

目には「メガネ」ではなく明らかにゴーグル(しかも透明の)
であり、鼻及び口にはキャシャーンのようなマスクをしていて
まさに

「花粉よ、どこからでもかかってこい!!」

と言わんばかりの若い女性が闊歩していたのであった。

しかし、うら若き乙女がそんなことであって良いのか・・・

正確に言えば、自然の色香を放ち、男達の脳髄を狂わせ、
寄ってくる男たちをバッタバッタと短冊切りに倒して行
かねばならない、、そんな見目麗しい容貌をそんな無骨
な武装で汚して良いのだろうか???

これでは花粉どころか男たちすら寄ってこないのではあ
るまいか?

それは「花粉症で鼻がむずむず。。。」なんて症状では
済まなくなる。つまりは「男が近寄ってこない」という
人間としての存在価値が疑われる自体ですら有るのだ。。

・・・と言っている僕もついにゴーグルを買いました(笑)。

ズバリ花粉防御用です。
いままでは花粉防止メガネをしていたのですが、横からも
上からも、けっこう風が入ってきて、

「これ花粉も入ってくるん、ちゃうんけ・・・」

と疑いだしたら余計に目がかゆくなり、また、自転車で走っ
ている時は良いのだが、止まったとたんに息でメガネが真っ
白に覆い尽くされ、なかなかスタートが切れない、と言う弱
点があったのだ。

こりゃいかんと思い、色々探して見つけたのがこのゴーグル
でした。

このゴーグル、ピタッと顔に装着するし、曇り方も前のメガネ
に比べたら随分ましになり、とても自転車で走りやすくなり
ました。

ただ、このゴーグルにマスクをして走っている姿は前の何倍
も怪しくなりましたが・・・(笑)

でも走っているところを見かけたら、怖がらずに声をかけてね!


スポンサーサイト

category: モノ

tb: --   cm: 0

泉布観の照明  

DSC_0182_20070410.jpg


ユースホステル、ちゃうちゃう、ユースアートギャラリー
で子ども達の展覧会を見終わった後に、隣にある「泉布観」
が一般公開していたので中に入ることにした。

この泉布観は造幣局応接所として明治4年に建てられたも
ので「さすが大蔵省!」と呻ってしまうような立派な建物
でしたが、中はあまり豪華ではありませんでした。

しかしその中でも異彩を放っていたのがこの照明具(シャン
デリアか?)なのです。
ローマかギリシアを想像される風貌の男たちの顔が4つニョキッ
と飛び出しており、そこから手のようなものが延びた先に
電球が上向きに付いているのである。

わたしゃ思わず「あんたら誰や!」と言ってしまいました。




category: モノ

tb: --   cm: 0

マクロレンズ  

マクロレンズ


ようやくマクロレンズを買いました!パチパチパチ!

実はこの写真のレンズはマクロレンズではなく、最初に買った
タムロンのAF28-200mmのレンズを新しく買ったマクロレンズで
撮ったものです。黒の質感がスバラシイです、、。

マクロ撮影、及びマクロレンズとは?、そしてマクロレンズの
選び方は以下のサイトを参考にしました。

http://www.h6.dion.ne.jp/~h-kai/macro1/index.html

「マクロ撮影とは被写体に接近して撮ること、、」とお考えの
方は一読して勉強して下さい。。

で、、今回買ったレンズは同じタムロンの伝説のレンズ(笑)

「TAMRON SP AF90mm F2.8 Di(MODEL272E)」

を購入しました。
ホントに愛してしまいそうなレンズです。。


category: モノ

tb: --   cm: 0

哲学の道 おまけ  

DSC_1002_20071220.jpg


美月さんが哲学の道にある「忘我亭」というお店で買っていた
キャンディです。
家の机の上に置いてあったのを見つけ、綺麗だったので例の
マクロレンズにて撮ってみました。

画質の美しさはやはりマクロレンズですね、、、通常のデジカ
メではここまでのシャープさは望めませんです。


↓↓↓↓ 拍手でも押して帰って下さい ↓↓↓↓

category: モノ

thread: マクロレンズで撮った写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

目薬コレクター?  

DSC_0014_20080423.jpg


この目薬たち、実は僕がある病気にかかったもので、一日に3回
目に差さなければならない目薬なのです。

あれは確か1ヶ月ぐらい前ですかね、、もうそろそろ花粉症の気配
がし始め、鼻が少しだけムズムズしてきたころでしょうか、、、

鼻と同時に必ず目もかゆくなったり、赤く充血したりするので、今
年は「予防」として花粉症の目薬である「アルガート」を購入し、
ちょっと目にゴロゴロと違和感を感じたら直ぐに目薬を差して、
そして織田裕二のまねをして「きた~~っ!」なんて叫んでいたも
のでした。

しかし、朝を迎えると目やにが出だして、目のゴロゴロ感も少しず
つ強くなり、そして最近は目が霞むようになってきたのです。
また霞むのは朝だけではなく夜11時を過ぎたあたりから霞むよう
になってきて、急いで目薬を差していたのでした。

「これも恐らく花粉症のせいだな?」

しばらくはそう思っていました。
しかし、実際鼻には花粉症の症状はほとんど無く、敏感鼻に感ず
る「花粉アンテナ」にも、それほど著しい花粉も感じることも無かっ
たので、「もしかしてこれは花粉のせいではないのでは?」という
考えに達して意を決して目医者に行ったのでした。

そこで視力の検査や眼圧の検査、あとは先生の目診でもって言
われたのは、、

「かなり目に傷が有るなぁ~~」
「こりゃ目の使い過ぎやでぇ!」

と言うことでした。
つまりはテレビやパソコンなどをじっと見ることにより目を使いすぎ
て疲れているのでしょう、、と言うことでした。
そして、病名を聞くと

「まさに、ドライアイですな!」

聞いたことありますよね、ドライアイ。
最近のコマーシャルでよく聞く病名ですが、まさかドライアイだとは
思ってもいませんでした。

と言うことで、この目薬を差して早3日ですが、目やにの量もかなり
減ってきていますが、まだ夜になると目が疲れてショボショボするの
直っていませんが、出来るだけテレビは見ないようにしようかと思い
ますね。。

category: モノ

thread: 何気ない日常の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。