デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

だけじゃない テイジン!!  

P1130792.jpg


うちの事務所から見える「テイジン」のデカデカとした看板です。
夜になるとブラインドもカートンもない窓からはこの看板がまぶ
しいほどに見えてくるんですな、とっても脅迫的に(笑)

ただ僕はあのコマーシャルの

「だけじゃない、テイジン!」

というフレーズがとっても素晴らしいと思っている。

「だけじゃない」とは「何」だけじゃないのか?
そこんとこはよくは知らないのですが、繊維のまちである(であ
った)船場に隣接し、「婦人服」のイメージがある「帝人」は
ホームページを見る限り繊維だけにとどまっていないことはよく
わかる。

しかしこのフレーズは素晴らしい。
これと似たニュアンスのコマーシャルを関西電力がはじめている。
それは

「も、関西電力」

というキャッチフレーズである。
しかし、この「も」には暖かい雰囲気はあるが、シャープな雰囲
気に欠ける。ゆえにコマーシャル全体がまったりとし、知らない
間に通り過ぎていく感じがするが、中ではきっちりと「も」の内
容が分かるようになっており、逆に関西電力のしたたかさを感じ
てしまう。

しかしテイジンの方は出てくる少女(南欧風の顔立ち)のお茶目
な仕草と相まってコマーシャル全体のインパクトは強く、面白い。
現在のコマーシャルより以前の方がもっと面白かったが・・・

ただ、そのコマーシャルでは「テイジンって何やってる会社?」
と思わせるだけで実際そこには商品の宣伝もなく、「だけじゃない」
の説明もなく、その少女のコミカルさとキャッチーな言葉だけが
残ってしまうのだ。。

そこで、我が「カベル株式会社」(フルネームで書かんでよいが)も
この手のキャッチフレーズを考えてみることにした。
例えばテイジンにあやかって

「だけやない カベル!!」

どうだろうか?
関西弁にしただけやろ! と突っこみますか? そうですか。
ははは、まさにその通り、これはちと、あやかり過ぎですな。。。

じゃあかなりニュアンスは違うが

「それと、カベル」

と言うのはどうだろう。

何かを買った後、「あぁ、そやそや、それとカベルね!」

という使い方を想定してます(笑)。

また、「それと」を英語風にしてみると「Sollet」なんちゅう
綺麗なスペルになったりしますぞ(語感もすばらしい)。

う~ん、なかなか良い感じだ。

これを何かの製品名に使えるなぁ。。今開発している在庫管理
の製品名に「Sollet」はどうだろう。。。
「在庫太郎」と「在庫大臣」のような不粋な名前じゃなくこれ
だとスマートなイメージがあるしなぁ。。

・・・なんてこの写真1枚でこんな妄想をする僕でした。

スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: 0

ユースアートギャラリー  

DSC_0173_070306.jpg


この建物が「ユースアートギャラリー」です。
う~ん、誰がこんな名前付けたのかは知りませんが、
昔は造幣局鋳造所だったようです。

現在は国道一号線の向こうにサクラの通り抜けで有
名な造幣局が出来ているので、こんな名前を付けら
れて「重要文化財」として現存しているのですね。

確かにこの位置から見れば「博物館」と言ってもお
かしくないぐらいの極めてモダンなデザインですが
中にはいると、博物館にしてはちょっと狭いのですな、、

なので「ユースアートギャラリー」ですか、でも
やっぱ違和感ありありです。


category:

tb: --   cm: 0

中之島図書館(照明)  

DSC_0271_20070421.jpg


サクラの通り抜けの帰りに、ついでなので色々と散歩しつつ
(実際は自転車だけどね)写真を撮りながら帰ってきました。

まずは中之島に行って図書館を撮りました、、といっても
この写真は図書館の照明というか、電灯というか、なんとも
惹かれるものがあったので何枚も撮ってしまいました。。

何と言っても色が素晴らしいし、形も力強いところが良いん
ですよねぇ。


category:

tb: --   cm: 0

中之島図書館(外観)  

DSC_0277_20070422.jpg


ギリシャ神殿を想像させる中之島図書館の本館です。

現在でもここは図書館として使われており、僕も一度
入ったことがありますが、外観と同じく中も重厚な作
りで、なぜかホッとするところがありました。

category:

tb: --   cm: 0

はじめての祇園 その1  

DSC_0120_20070429.jpg


京都らしいものを撮りたくなって、祇園に行って来ました。

しかし「祇園」と言っても長年関西に住んでいながら行った
ことのない場所でしたので、かなり興味津々でしたね(笑)。

まずは得意の京阪に乗って四条でおりるんですな。
それから、八坂神社の方へ少し歩いていき、脇道に入るやい
なやそこはもう別世界でした!!(大袈裟ですが・・・)

で、まずはインパクトをガツンと与えてあげなあきませんの
で(いきなり京都弁や)、まずは舞妓さんの登場です。

この舞妓さんは通りがかったのを撮ったのではなく、写真撮
影用に並んでいたのをパチリとしたわけでして、、、
でもそんときのカメラの調子が悪く(腕が悪いんですが)
ピンぼけ写真ばかりで、、でもその中のやっとまともなのが
この写真なのでした。。

category:

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。