デジカメ歳時記

THE ANSWER IS BLOWIN' IN THE WIND

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いざ、鎌倉!!  

DSC_0437_20080311.jpg


お釈迦様(野田さん)の後は大仏さんの写真です・・・(爆)

野田さんのライブの翌日は家族と共に鎌倉に行って来ました。

以前からの「あこがれの街」であった古都鎌倉。
京都のような豪奢さや奈良のような華麗な歴史はありませんが
「気品」という点に関しては上の2つの街とは比較にならないぐ
らいとても良い「香り」が有りましたね。。

スポンサーサイト

category: 旅行

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

いざ、鎌倉!! その2  

DSC_0312_20080312.jpg


鎌倉に入ってまずは鶴岡八幡宮に行ってきました。
「鶴岡八幡宮」といえば源氏の氏神様である石清水八幡宮を
お祀りしたのが始まりと言われています。

そしてそして、、入佐家と言えばまさに源氏の子孫である事は
有名である(僕のまわりだけ?)。
であるワケなのでもちろんこの鶴岡八幡宮は入佐家の心のよ
りどころでもあるのですな。。


DSC_0301_20080312.jpg


鎌倉駅から鶴岡八幡宮に行くにはこの「小町通り」を通ってい
きます。
こうやってみるとちょっとごちゃごちゃしていますが、お宮に近く
なれば、かなり閑静なお店が並んでおります。


DSC_0305_20080312.jpg


道しるべです。
ちょっと新しいすぎますか??


DSC_0308_20080312.jpg


緑色がきれいだったのでちょっと撮ってみました。
でもかなり風に揺れていたのでブレが心配でしたが、、なんとか
上手く撮れていてホッとしてます。。


DSC_0311_20080312.jpg


カメラ女小僧と嫁さんが歩いております。

category: 旅行

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

いざ、鎌倉!! その3  

DSC_0317_20080315.jpg


三人並んでポーズをとってますな。。


DSC_0326_20080315.jpg


舞殿に向かう道。
その奥には本宮がそびえ立っています。


DSC_0332_20080315.jpg


たまたま舞殿では結婚式が執り行われていました。
しかし、こんなに観光客が多い中での結婚式っちゅのも
かなり恥ずかしいんじゃないかな、、


DSC_0345_20080315.jpg


本宮へと向かう大石段で梅が赤いつぼみをふくらませよ
うとしていました。

category: 旅行

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

いざ、鎌倉!! その4  

DSC_0361_20080318.jpg


カメラ女小僧です (^o^)

一生懸命撮っている姿はまるでカメラマンですな・・・。


DSC_0370_20080318.jpg


源平池から休憩所を撮っています。


DSC_0389_20080318.jpg


突然現れたリスです。
木の上の方からいきなり現れたので驚いて撮りました。。
ちょいピントが甘いですな。。


DSC_0392_20080318.jpg


鳩サブレの店舗にて。
なぜか溶け込んでおりますな。。


category: 旅行

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

いざ、鎌倉!! その5  

DSC_0402_20080318.jpg


江ノ電に乗って大仏さんを見に行くぞ!
ということで、、江ノ電鎌倉駅のホームにてアイスクリーム
食ってます。。。なかなか美味いっす!!


DSC_0412_20080318.jpg


ちらっと雑誌などでは見たことありますが、情緒を感じる
電車と、同じく雰囲気がとっても良い家並みが車窓から
見ることが出来ました。


DSC_0426_20080318.jpg


念願の鎌倉の大仏さんです。
嫁さんは「外にいてはってんなぁ・・・」と感心しておりま
した、、知らんかったんかいな(笑)


DSC_0431_20080318.jpg


大仏さんを背景に2体の仏様が、、ちゃうちゃう。。

category: 旅行

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。